人生を変えるお金の使い方

other

「将来に備えて貯金や投資を始めたけど、どういう風に使って行けば良いのかよくわからない」なんてことありませんか?

お金の価値は使うときに現れると言われています

人によるところも大きいですが僕なりに注意したほうがいい点をお伝えしたいと思います

よく考えずに浪費してしまった僕の苦い経験から少しでも参考になる話ができればと思います

お金を使う基準は自分が嬉しいかどうか

人間はドーパミンの為に生きていると僕は考えています

ドーパミンとは快楽や興奮を引き起こす、いわゆる脳内麻薬と呼ばれているものです

基本的に脳が「快」と感じたらドーパミンが分泌され、嬉しい楽しい大好きになる訳です

だから、生まれた環境や遺伝子によって「快」は人それぞれなので、「快」と思えるお金の使い方をすればいいんです

ここまで言うと

「いやいや、好きなことばかりやっていたら破産するよ?」

と思われるかも知れません

しかし、消費、浪費、投資どれも大事なんです

問題はその程度が行き過ぎないかどうかと言うところです

ブランド物が好きなのに破産を心配して買わないでいるのは辛いことです

墓場までお金を持って行ってもしょうがないですし、冒頭でも申し上げたようにお金は使って初めて価値を生むのです

キャバクラ、ブランド物も好きなら買えば良い

問題はそれをどう持続させて行くのか?ということなんです

お金は自分が嬉しいと思う事に使いましょう

間違ったお金の使い方

ただし、嬉しいことと言っても間違った方法でお金を使ってしまうケースもあります

それでは、間違ったお金の使い方とはどんなものでしょうか?

それは「快」を次に繋げない使い方です

ブランド物が好きな人を例に出しますと

給料が出たので自分へのご褒美としてブランドのバッグを買ったとしましょう

このご褒美の結果、明日への活力になるなら正しい浪費です

他のブランド品を買うためにまたがんばって働くのは健全なことです

しかし、買った時の満足は一瞬で、またいやいや労働するのであれば間違った浪費になります

ブランド物が好きなのに、その気持ちを押し殺して将来に備えて貯金するというのはどこか間違っていると思います

一旦、「浪費は駄目で、貯金が善い」というような考えを忘れましょう

ブランド物が好きなら好きで「どうやったら買えるのか」を考えて行動すればいいんです

よく考えてみて「やっぱりブランド物はいらないな」と思えれば辞めればいいんです

大事なのはあなたが「何を求め、何に満足するのか」です

ブランドバッグを身に着けている自分が誇らしいのか

デザインが好きでコレクションしたいのか

はたまた、優越感が欲しいからなのか

人それぞれ目的があり、本当に満足しているのかをよく考えてみましょう

かつて僕はギャンブルにハマり、お金を浪費していました

ギャンブルが好きだからとか、勝てる方法を知っているとかそんなことはなく

ただ単にストレス発散のためだけにパチンコ・スロットに行っていました

間違ったお金の使い方をしている人の多くは「自分が何を求めているのか」実はよくわかっていないように思われます

自分をコントロールして上手にお金を使う方法

間違ったお金の使い方をしないためにはストレスコントロールが重要になってきます

ストレス回避が悪い支出のモチベーションになるからです

職場で嫌なことがあってイライラしたりすると、息抜きにギャンブルに走ったり、暴飲暴食をしたり

そんな経験はありませんか?

それはストレスから身を守ろうという防衛反応の一種なのですが、ストレスのもとを絶たないと常態化してしまう可能性もあります

うまくストレスをコントロールすれば無用な浪費を防げます

とは言っても、そう簡単にストレスから解放されないから暴飲暴食やギャンブルのような安易な方法を選んでしまうんだと思います

そこで、一つオススメのストレスコントロール方法をご紹介します

それは「紙にペンでストレスの内容を書く」ことです

詳しくは別の記事で書きますが、僕はこの方法でいろんなイライラけら解放されました

例えば「上司にこんな事を言われてイライラした。なら自分でやれば?と思った」とか「先輩の言い回しがいつもキツイ。友達いないだろ」

など、思った事を紙に書いてみてください

誰に見せるわけでもないので自由にできれば手書きがいいと思います

騙されたと思って一度やってみて下さい

効果てきめんで、す~っと心が楽になります

とにかくストレスコントロールが大事です

豊かになるお金の使い方はプレゼント

本当に満足するお金の使い方は人にプレゼントをすることです

これまで話してきたことと矛盾しているように感じるかも知れませんが、人を喜ばせる事が嬉しいと思えること自体が実は最高の「快」なんです

生物学的にも種の繁栄が遺伝子にプログラムされていますので、他者に施すという行為は自身の満足に繋がるのです

相対性理論などで有名な、現代物理学の父アルベルト・アインシュタインもこう言っています

人の価値は何を手に入れたかではなく、何を与えたのかである

なかなかその感覚はわからないかも知れませんが、ビジネスにおいても、詐欺まがいな事をして儲けたお金より、誰かのために貢献して得たお金のほうが満足度は高そうですよね

ちょっとずつ貯めたお金で好きな人にプレゼントを贈り、喜んでもらえた時の満ち足りた気持ちはわからないでもないでしょう

他にも、寄付やボランティアなど他者に貢献する行為は満足度が高いです

与えてばかりでは資産が減るように思う方もいるかと思いますが、往々にして寄付やボランティアをすればするほど豊かな人生を送っている人は多いです

僕の考えでは「満足している人は無駄に浪費をしない」です

冒頭に申し上げた通り、自分が満足することにお金を使うほうがいいと考えます

試しにプレゼントをする前提で貯蓄を始めたり、誰かのために仕事に打ち込んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

まず、自分が満足することにお金を使うべきです

その際、間違った使い方をしないように注意しましょう

ストレスから逃れる為に安易な方法でストレス解消せず、しっかり自分を見つめ直しましょう

イライラを抑える方法として、ストレスの内容をメモに書くのもオススメです

最後にお金はプレゼントに使うととても満足できます

人生を変えるお金の使い方は「与えること」です

是非あなたもプレゼントすることを前提に仕事に打ち込んで見たり、貯蓄を初めてみたりして行きましょう

毎日お得な情報をつぶやいています!いいねしてね!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
other
kuroshineをフォローする
Right life サラリーマンが自由な時間を作るための教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました