【仕事が辛い】辞めようか迷った時に使える4つの基準

マインドセット

このまま今の仕事を続けても大丈夫なんだろうか?

毎日くたくたになるまで働いているけど、いつまでこんな生活が続くんだろう

そんな風に考えたことはありますか?

仕事が辛すぎて、こんな風に考えることすら出来なかった僕ですが

今では収入も待遇も満足のいく仕事に就くことが出来ました

もし、今の仕事が自分に合っているのかどうか?

このまま続けても大丈夫なのかどうか?

迷っている人は以下の4つの基準で考えてみてください

仕事を辞める前に時給計算

アルバイトの人も正社員、非正規問わず、時給を計算することをオススメします

計算式は以下の通り

(年収-諸経費)÷拘束時間

ポイントは年収を拘束時間で割ること

つまり、通勤や準備など、細かくみるなら会社の行事なども含めた『拘束時間』で割るということです

諸経費は交通費やスーツなど自費で用意する会社で使うものです

本当の自分の価値

僕たちのほとんどは労働力』を提供して収入を得ています

八百屋さんは野菜を提供して収入を得ています

八百屋さんがニンジンの値段を知らずに商売をしていたらどうですか?

『このニンジン?えーと、いくらで売ったらいいですか?10円?そーですか、、じゃあ10円でいいです』

ってなりません?

僕たちも自分が提供しているものの価値を分かってないと『労働力』は正しく売れません

移動などを考慮していない人が多い

特にサラリーマンの方は『月給』に惑わされていて、拘束時間を意識していない人が多いように感じます

通勤時間も立派な『会社に提供している』時間です

職種にもよりますが、スーツなど自前で用意することに疑問を感じないのは『みんなやってるから、当たり前でしょ』という考え方が染み付いているからだと思います

ファーストフードの制服ですら制服代を請求されることがあるそうです

知人に『仕事で使う配達用のバイクを買わされた』という人もいました

ローンを組まされたうえにすぐクビになり、ローンをコツコツ払い続けているそうです

過去の僕の時給と今の時給

では実際に計算してみたいと思います

これは僕のブラック企業で働いていた時の数値です

(月収22万円×12ヶ月+ボーナス2万円×2回ー諸経費3万円)÷(15時間×25日×12ヶ月)

=265万円÷4500 ≒ 588.88

今の時給

(月収28万円×12+ボーナス28万円×2ー諸経費5万円)÷(11時間×25日×12ヶ月)

=387万円÷3300=1172.72

すごくざっくりで、税金とか含まれていないので

やや刺激的な数値かもしれませんが是非自分の時給を計算してみてください

要はアナタの時間をいくらで会社が使っているのかが分かります

正当な評価でしょうか?

こうしてみると、僕という人間はさほど変わっていませんが、時給に換算すると2倍くらい違うことが分かります

この感覚はいろんな分野でも応用できて

自分の時給が分かると、例えば1000円のランチを食べる為に自分は何時間働かなければならないのかが分かりますね

前の僕なら2時間弱働くようです

とはいえ、「会社から交通費もらってるし、移動の時間は好きなことができるから通勤時間は拘束時間に含まれないでしょ?」

と考える人がいると思います

これも自分の時給が分かってくると、時間が無駄なのかの判断もできると思います

交通費のほうが時給より高い人って、その時点でどうなの?と思いますが

以前に職場が徒歩30分以内だと理想的な理由という記事を書いたのでそれも参考にしてみてください

上記の計算式でだいたい800円以下の人(生活水準により個人差はあります)は転職、あるいは通勤時間の短縮を検討してみましょう

仕事中に自由な時間がどのくらいあるか

仕事の種類によっては時間の自由が利くものもあるかと思います

この時間が多ければ多いほど得をします

仕事中の自由な時間=不労所得です

例えば8時間の勤務のうち、1時間は自分の自由な時間だとすると、その時間はいわゆる「不労所得」になります

たしかに、会社に拘束されている時間ではあるので、形式的には「不労」とは言い難いのですが、実際は働いてないのですから「不労」は「不労」です

働いてないのに給料が発生している

特に会社員の人は意識してほしいのですが、自由な時間=不労所得なのでこ、れを増やすことは時間という資産を増やすことに繋がります

賢い人は一日の業務を圧縮してどんどん自由時間を作り出し、その間に自分のスキルを磨いたり有効利用しています

今の僕の自由時間

僕は8:30~17:30まで会社にいます。日によって忙しさは異なりますが、他の社員の方に比べるとかなり業務時間は少ないと自負しています

最初は時間をかけましたが、業務タスクをリスト化して、完了タスクをひと目で分かるように仕組み化しました

「あれはやったっけ?あと何をやるんだっけ?」という迷う時間をなくしました

「コレとコレとコレをやれば終わり!!」という風に仕事を単純化することによって業務全体の時間を圧縮

今では一日半分くらいを勉強に使っています(日によってはほぼ一日という時も)

具体的な方法は以下の記事を参考にしてみてくださいね

働いている間は業務に専念すべき?

とはいえ、「お金をもらってるんだから、業務中は他の事をやるのはダメなんじゃないか?」

という意見もあると思います

確かに、業務内容によっては100%業務に専念しなければならない人もいますのでそれは否定しません

ただ、1時間のうち1分も業務に時間を空けれない人っているんでしょうか?

少なくとも食事の時間くらいはあるでしょう?

そのわずかな時間が人生を大きく変えていきます

あとは、少しずつ自由時間を増やすだけです

その代わり、会社に求められた業務は100%こなしましょうね

というわけで、仕事中の自由な時間が多い人はそれだけ得をしているので転職するかどうかはちょっと考えましょう

ガチガチに拘束されていて無理という人は前述した時給どおりの会社ということになりますね

今の仕事で得られるスキルは他で活かせるか

次に給料以外の部分に移っていきます

もし、将来あなたが理想とする働き方を実現するにあたって、必要なスキルがあるなら

「それを会社で得られるのか?」を考えたほうがいいでしょう

例えば、将来的にはフレンチのレストランを経営したいと考えていて

今、ラーメン店で働いている場合、どの程度のスキルが役に立つでしょうか?

いくつか考えられるのを挙げると

  • 調理技術
  • スタッフのマネージメント
  • 立地や営業方針

くらいでしょうか?フレンチレストランまではかなり遠いです

このままラーメン店を続けていても夢には届きそうもないのでこの場合は転職するのがいいと思いますが、ラーメン店を開きたいなら続けてもいいでしょう

その職場限定のスキルだと定年まで働けるか分からない

業種によっては将来が不安なものもあると思います

これから伸びる産業と衰退していく産業

大事なのはその職場限定のスキルは要らないということ

その会社でしか使わないノウハウしか持ってないとその会社が倒産したら次は1から仕事を覚えて行かなきゃいけません

それって効率悪いですし、そもそも何のスキルも持ってない人を企業が欲しがるか疑問です

役に立つスキルは頂いておこう

先ほどのラーメン屋の例を考えるとフレンチレストランを経営する際に必要なスキルは多少ありますのでそこは頂いておきましょう

少なくとも、次のステップに進むためには有利に働きます

どんな職業でも共通して使えるスキルはあるものです

コミュニケーション能力とか、緊急時の対応など

それを見極めて、役に立つスキルは頂いておきましょう

ある程度学んだら次のステップに移りましょう

こんなことを言うと反対の声も聞こえてきます

いやいや、今の時代、次の仕事なんてすぐ見つからないよ?

今の仕事で認められれば昇進して収入だって上がるかもしれないじゃないか?

確かにその通りで、働いているうちにやっぱりラーメン屋もいいかもなってなるかも知れませんし、いずれ店長を任されるなんてこともありえますね

ただ、今の時代ひとつの会社を定年まで勤め上げることがどれだけ非現実的か考えれば分かりそうなものです

ちなみに国税庁のデータによりますと

中小企業の30年生存率は0.021%です

ほとんどが倒産します

ですが逆に新しい会社もどんどん生まれています

自分にあった会社をその時々で選択できるほうが生き残れそうですね

転職のスキルは今後必須になっていきます磨いておいて損はなさそうです

とにかく、応用の利くスキルというのは今の会社でも身に着けられると思いますが、その会社限定のスキルなら伸ばす価値がないので切り捨てましょう

自分の将来の理想像と合致する上司がいるか

最後に、その会社が将来的に自分に何をもたらしてくれるのかを見る基準になりますが、

自分の先輩や上司を見ようということです

自分の将来像と合致する上司や先輩がいないなら辞める

必ずしも確定というわけではありませんが、先輩や上司は将来の自分の姿です

あと、何年かしたらあなたもそうなります

僕の元上司の話

僕が転職を考えたきっかけは当時の上司の姿をまったく尊敬できなかったというのもあります

その上司は若くしてパチンコ店の店長に抜擢され、人柄もよく、真面目に働くほうでした

しかし、転勤が多く、家族とは離れ離れで、収入は当時の自分とそこまで変わらないということでした

基本的に家庭にお金を入れて、おこづかいで生活していましたが、パチンコ以外趣味もなく

休みの日はダラダラすごしていたようです

とても幸せそうには見えませんでした

あなたの会社の上司はどうですか?

幸せそうですか?

このまま頑張り続けて、自分だけはああはならないと思っていても

おおむねそうなっていくと思います

収入や働き方がその人の生活スタイルを決めるからです

自分の将来像と合致する上司や先輩がいないなら辞める

悪いことはいいません、多少収入がいいとか、楽な仕事だとかではなく

自分の理想の将来を描けそうにない職場なら辞めてしまった方がいいです

人は周りの雰囲気に影響される生き物です

無意識にそういう不幸な人と同じ生き方を歩んでしまうことになりかねません

まとめ

■仕事を辞める前に時給計算

■仕事中に自由な時間がどのくらいあるか

■今の仕事で得られるスキルは他で活かせるか

■自分の将来の理想像と合致する上司がいるか

以上4点を確認して辞めるかどうか判断してみてください

それでも転職は怖いという人は副業などから始めてみてはいかがでしょうか?

「辞めても、辞めなくてもいい状況」を作っておきましょう

それについてもまた別の記事で書こうと思います

毎日お得な情報をつぶやいています!いいねしてね!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
マインドセット
kuroshineをフォローする
Right life サラリーマンが自由な時間を作るための教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました